ヒアリ(火蟻,ファイアーアント)が大量発生した世界を救う

今回は、最近話題になっている火蟻が国内で大量発生した場合の世界の救い方を考えて生きたいと思います。

僕がファイアーアントの存在を知ったのは、10年ほど前だったでしょうか、アンビリーバボーというテレビ番組で特集されていたのがはじめてだったと記憶しています。

では、まずはファイアーアントについて勉強していきましょう。

引用:村上先生のアリ研究記



スポンサーリンク

火蟻(ファイアーアント)って?

そもそも、ファイアーアントってなんぞや?ってところですが、ファイアーアントは主にメキシコやアメリカのテキサス州に生息するアリの一種で、殺人アリとも言われます。

普段は巣穴にもぐっていることが多いですが、一度怒らせれば、素早い動きで靴などを伝って防御力の薄い素肌を狙ってきます。

彼(彼女?)自身は致死性の毒を持っているわけではありませんが、一部の人はアナフィラキシーショックを引き起こし、最悪、死に至る可能性もあります。

アジア圏でも生息が確認され、日本には定着していませんでしたが、最近ニュースで、大量のファイアーアントが国内で発見されたということで、話題になりました。

現地でのファイアーアントに噛まれた場合の対処法としては、

・芝生などに直接座らない。

・長袖長ズボンを履き、できるだけ肌を露出しない。

・抗ヒスタミン剤を投与し。痛み、腫れに対処する。

病院に搬送されても、同じような対応しかできないそうです。

つまるところ、やられないように注意しな!ってことですね。

で、あれば、実際にファイアーアントが大量発生したら、どうすればいいのか。

ファイアーアントを根絶するのは非常に難しい

実は、ファイアーアントの根絶に成功した国が、すでに存在します。

それが、オーストラリアです。

本来、アリの駆除を行う場合、働きアリの数を減らすことで、コロニーを破綻させ、壊滅に追い込むことが可能とされていますが、ファイアーアントの場合は少し特殊な形のコロニーを形成することがわかっています。

それは、多数の女王と多数の働きアリで一つのコロニーを形成するということです。

つまり、ファイアーアントのマンション状態ですね。

このような特性を持っていますから、働きアリが減ったところで、コロニーを壊滅させることはできないわけです。

じゃあ、ファイアーアントは駆除できないのか

実はファイアーアントを駆除するための殺虫剤が存在します。

もちろん、専用で売っているわけですから、効果はあるんですが、前述のとおり、特殊なコロニーを形成するため、根絶することは難しいですね……

それでは、これ以外に有効な方法はないんでしょうか!

虫には虫をぶつけてみてはどうか

実はファイアーアントには天敵がいます。

それがフォリッドフライと呼ばれる蝿です。

このフォリッドフライは、ファイアーアントに卵を産み付ける習性があります。

別名は「ゾンビバエ」

ファイアーアントの体内で孵化したゾンビバエは、ファイアーアントの脳を乗っ取り、ファイアーアントとして行動を続けます。

もちろんですが、このとき、すでにファイアーアントは息絶えています。

そして、用済みになると、自らの分泌液で宿主を溶かします。

コイツはヤベェ……

しかも、他の虫などには興味がないらしく、ファイアーアントにしか寄生しないそうです。

もちろん、生態系が乱れる恐れはありますが、とりあえずコイツをぶつければファイアーアントを根絶できそうですね。

これで世界は救われました!

というわけで、ファイアーアントが大量発生した場合、どうやって世界を救うかについて考えてみました。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする