キャプチャソフトのSnipping Toolが有能すぎる件

昨日は更新できなくてスイマセンでした。

本気で具合が悪くて、寝込んでおりました……

今日はいっぱい更新します!!

ということで第一弾。

画面をキャプチャしたいと思うことってありませんか?

今までは、画面を切り取ろうと思ったら、printscreenキーで画面ごとキャプチャして、後からペイントなどの画像編集ソフトでトリミングしたり、もしくはキャプチャ専用のフリーソフトをインストールしたり……

でも、実は今のwindowsPCには、もともとキャプチャソフトがインストールされているんです!

しかも、かなり高性能!



スポンサーリンク

これがキャプチャソフトの新定番なり得るか……?

みなさんがキャプチャソフトに求めるものはなんですか?

ストレスフリーな使い心地……

他ソフトの動作が遅くならないこと……

人によってさまざまだと思いますが、windowsOSの初期インストールソフトである「Snipping Tool」は、全ての要件を満たしているのではないでしょうか。

windows7から標準搭載されるようになったSnipping Toolは、その快適な操作性にもかかわらず、ほとんど知名度がありません。

メディアプレーヤーなどのメジャーソフトと違って、購入初期にデスクトップに表示されているわけでもないので、知らないまま、パソコンを使い続ける人も多いかと思います。

もう1度言います!

ソフト名は「Snipping Tool」です!

これさえ分かっていれば、左下の窓から検索することができるので、見つけるのは容易だと思います。

かなり有用なソフトなので、見つけることができたら、タスクバーに表示するようにするといいでしょう。

では、次に使い方を見ていきましょう

Snipping Toolの使い方

このアイコンがSnipping Toolになります。

これを開くと

こんなウィンドウが開きます。

この状態は新規作成が可能な状態になっています。

ためしに、新規作成ボタンの横の下向き△ボタンをクリックしてみてください。

すると、このようなリストが表示されます。

各項目の説明をすると

自由形式……その名のとおり、自由な形状に切り抜くことができます。切り抜きたい形状が四角以外のときに使うことがあるかもしれません。

四角形……四角形に切り抜きます。全画面領域切り取りと並んで使うことが多いと思われる項目です。

ウィンドウ……現在開かれている個別のウィンドウのみを切り抜きます。複数ウィンドウを開いている場合は、カーソルを合わせることで、選択することができます。

全画面……画面をそのまま全て切り抜きます。

というようになっています。

ここでは、ためしに四角形を使って説明したいと思います。

では早速、画面を四角形に切り抜きます。

登場するのは、このお方……

今回は大根伯爵を、四角形に切り抜いてブロックのようにしてやろうと思います。

ということで、まずは画像を表示して、Snipping Toolを起動。

四角形になっていることを確認して、お好みの範囲をドラッグで指定。

手を離してみると……

こんな画像が出来上がりました!

あとは好きな場所に好きな形式で保存するだけ!

Snipping Toolを使えば、このように簡単に画像のキャプチャやトリミングを行うことが可能になります。

さらに、同じソフトで簡単な注釈などもつけることができます。

これは、ドラッグで範囲決定後に表示されるウィンドウで書くことができます。

ということで、今回はwindowsの初期ソフトの最優良候補であるSnipping Toolについてご説明しました。

それでは!!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする