男性営業事務の仕事内容について説明する

今回はニュースなどではなく、お仕事についての記事です。

実は、色々な記事や別ブログなどで、僕の本職が営業事務だという話はしているのですが、今回は営業事務の仕事内容について説明したいと思います。

というのも、男性で営業事務の職に就いている人間は少ないらしく、この広大なネットの海といえども、情報が少ないこと。

それと、意外と営業事務について気になっている人が多そうなこと。

以上の理由から、この記事を書いてみようと思いました!

現職の営業事務として、細かく解説していきたいと思います。



スポンサーリンク

営業事務についての説明は調べればあるけど……

的外れに思えるものも多いので、この記事では僕が感じる「営業事務」についてご説明します。

では、まずは僕の勤務先について、少しだけ

都内の食品に関する企業で、そこそこ大きな会社です。

社員は300人程度。

僕はそこで営業事務をしています。

次に、営業事務ってどんな仕事をするのか、という話。

営業事務は、営業を補佐する仕事……っていうのは半分嘘

営業事務について、ネットで調べると、よく見かける言葉が「営業職を補佐する仕事です」というもの。

間違ってはいません……いないんですが、半分嘘です。

なにが嘘かと言うと、基本的に営業職の販売努力のみで成り立っている会社など、現在はほとんど存在しません。

僕の会社の業界の話、と言われればそれまでですが、例えば皆さんは「EOS」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

EOSとはElectronic Ordering Systemの略で、電子発注システムのことを指します。

これは、本来電話やFAXなどで行っていた受注をネット回線を通して行うこと……になります。

電子発注なわけですから、パソコンを使う業務になりますが、基本的に取引先の指定した時間にデータを受信することになります。

そうなると、もちろん、外回りに出ている営業では処理ができないため、営業事務が代わりに執務することが多くなります。

会社の規模によっては、それ専用の課が存在する可能性もありますが、可能性として、営業事務が取引に直接関わることもある、ということです。

つまり、営業事務は営業に付随するものではなく、独立した一つの部署である……と言えます。

「営業事務は超辛い」は完全に嘘

これも営業事務について調べていたときですが、こんな言葉を見かけました。

「営業事務は営業よりキツイぞ……」

そんなことはありません。

先ほどまでと言葉をたがえるようですが、営業事務には「金銭に関わる決定権」は基本的にありません。

その権利を有しているのは、あくまで営業です。

つまり、営業事務の基本業務は

与えられた仕事を覚えて、イレギュラーが起きたときは、営業に指示を仰ぐ

ということになります。

もちろん、多少のアドリブは不可欠ですが、しっかりと業務に励んでいれば勝手にできるようになります。

営業事務に必要な素養は?

特にありません……と言いたいところですが、1つだけあります。

それは、他者と最低限の意思疎通を行えることです。

これに関して自信のない人もいるでしょう。

実際、僕も学生時代は陰キャラでした。

だけど、慣れます。

これだけは断言できますが、仕事を辞めずに続けていけば慣れるのは事実です。

まとめ!

今回のまとめは1言だけ

営業事務はそんなに大変じゃない!

さあ、営業事務を志す諸氏よ!

恐れるなかれ!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする