おしゃれになりたいメンズよ!個性を大事にせよ!

「わー、〇〇くん、スゴイおしゃれだね!」

って言われたい、そこのアナタ!

ネットの言葉を鵜呑みにするな!(お前が言うな)

ここでは、個性派おしゃれを自称する僕が、変に見えない個性の出し方について教えるぞ!



スポンサーリンク

すぐ終わるから、まずは僕の話を聞いてほしい

僕がおしゃれに興味を持ちだしたのは中学生の頃だ。

当時は真っ黒な服を着ていた気がする。

それがかっこいいと思っていた。

お小遣いだったから、もちろんお金はかけられなかったけど、古着屋にたまに買い物に行って、安物の服を買って……

だけど、だけどね。

そんなに服が好きだった僕だけど、おしゃれって言われることはなかった。

だから、僕は万人受けする服を着ようと思った。

高校時代、服には多少お金をかけられるようになったけど……

高校生になった僕はコンビニバイトを始めた。

バイト代をもらって、多少は服にお金をかけられるようになった。

そして「誰から見てもそこそこおしゃれな服」を買うようになった。

おしゃれだね!って言われることが増えた。

でも、不思議と服を好きじゃなくなっていった……

自分の好きな服を着て、おしゃれと言われたい!

極論だけど、ファッションスナップを見て商品を買いたいと思わない。

むしろ、僕ならもっと上手く着れるのに!って思う。

服は人に見せるためのものだけど、何よりも自分が楽しむものだと思った。

だから、僕はいつでも好きなものを買う。

よく雑誌などでいうトータルコーディネートに異議を唱えたいのだ。

トータルコーディネートは後付けでOK!

確かにトータルコーディネートの考え自体は間違っていないと思う。

だけど、例えば

「清潔感を出したいから、白を基調にしたコーディネートにしよう!」

という考え方。

これが僕にとってはつまらない。

非常につまらない。

だったら、例えば好きな服を見つけたときに

「この服にこれをあわせて清潔感を出そう!」

って考えるほうがよっぽど向いている。

そう思うようになって、僕はまた服が好きになった。

今年はこの服が……なんて誰でも言える

今年はこの服がいいよ!なんて誰でも言える。

それこそ、服が好きじゃない人だって調べればわかる話だ。

だから、そんなことは僕は言わない。

かといって、ここで全ての服に合うコーディネートを紹介することは不可能だ。

なので、考え方だけ紹介しようと思う。

まず、基準となる服を決める。

次に「どんな印象を作りたいか」を決める。

そこまで決めたら、次にその印象になるために必要なものを考える。

そして、繋ぐ要素となる小物などで整える。

これで全てOK。

慣れれば考えずともできるようになるけど、そこまでいくのが大変!

だけど、これさえできるようになれば、どんな服でも着こなせるぞ!

今回はここまで!

では~



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする