【シャドバ】今こそドロシーテンポウィッチ!環境にささるぞ!

どうも、著者です。

今こそ、忘れ去られたテンポウィッチを使うときだ!

ということで、ドロシーウィッチの紹介です。



スポンサーリンク

デッキレシピ

ゴーレムアサルトが入った以外は、オーソドックスな形だと思います。

最近の環境的に、アミュレット割れる破魔の術式は3枚安定です。

展開速度的にはドラゴンのPPブーストにも間に合う公算が高いですし、ロイヤルやネクロなどの全体火力が弱いリーダーにはよくささります。

中型フォロワーの高速展開による盤面の制圧がプランなわけですが、以前、ドロシーが流行ったときには、ためてためて一気に展開するのが主流でしたが、それは環境にドラゴンやビショップなどの全体火力が強いリーダーがトップにいたからです。

今の主力であるネクロなんかは、全体火力に乏しいリーダーになりますので、テンポウィッチが面白いほどささります。

うまくいけば、かなり早く勝負を決められる!

迷いどころなのが、初手をどれぐらい妥協するべきかということです。

もちろん、本来ならば1コスト、2コスト、ドロシーと揃っているのが一番ですが、たとえば「ドロシーはいないけど、ゲイザーでもいいかな」とか。

「運命の導きは初手キープでもいいかな」とか。

色々とプランはあると思います。

相手デッキによっては、ビショップならテミスを早めに使わせるために小型フォロワーを並べておくとか。

意外と考えることは多くあります。

ただし、このデッキの勝ち筋は中型フォロワーで殴り勝つということだけなので、何を考えようが、結局やることは一つしかありません。

回し方

マリガン

スペルorスペルブーストできるフォロワーと、対象をキープします。

具体的には、できれば1コスト、2コストとドロシーorゲイザーor運命の導き。

ただ、超越と違って、ドロシーはコストは重いものの、素出し可能なサイズなので、初手からキープを狙いすぎて、手札が悪くなりすぎないように、妥協することも大事です。

序盤

序盤は基本的にフォロワーのコストを下げることに専念しましょう。

このデッキには低コストの火力スペルがありませんので、厄介なフォロワー相手には虹の輝きで対処します。

もちろん、低コストのアミュレット相手に使ってしまってもかまいません。

中盤

うまくいけば、ぼちぼちドロシーが展開できる頃でしょう。

手札の状況にもよりますが、ドロシーを出した上で、コストが1~2程度あまる状況であれば、出してしまって問題ないと思います。

もちろん、ドロシーからドロシーを引ければ強いですが、引けなくても、中型フォロワーの展開だけで勝てる試合も多いので、深く考えなくて大丈夫です。

ただ、ライブラリアウトにだけは気をつけましょう。

終盤

終盤は、とにかくフェイスにダメージです。

というのも、終盤といわれる段階まで勝負がついていないと、いよいよライブラリアウトの可能性が高くなってくるからです。

デッキの特性上、サタンを採用しても、あまり意味がありませんので、とにかくデッキがなくなる前に勝つしかありません。

ということで、今さらのドロシーでした。

ゴーレムアサルトは賛否別れるところだと思いますので、お好みで。

土と混ぜたりしても、処理能力があがっていいと思います。

では~。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする