【シャドバ】ジャバウォック使いたいならフェイスしかない!

これをフェイスといっていいのか分かりませんが、ジャバウォック使うにはコストを前に寄せて、疾走で押し切るサブプランを用意しないときついよ!ってこと。



スポンサーリンク

通常なら、ランプに入れるのがベター

ジャバウォックはかなり不遇なカードですが、もし使おうと思うなら、通常であればランプに入れるのがベターです。

ちなみに、下が僕の作成したジャバウォック入りランプドラゴンです。

ところで、何故ランプドラゴンにジャバウォックが入りやすいかという話なんですが、以下の2つの理由が挙げられます。

・ジャバウォック自体のコストが高いので、PPブーストと相性がいい。

・高コストフォロワーが多いのでジャバウォックガチャで10コスト疾走を引ける可能性が高い。

これに加えて、ジャバウォックのギミックが活かせなくても、通常のランプドラゴンと同じように勝つサブプランも考えられますね。

でもこれじゃジャバウォック入りランプやないかい!

もっとジャバウォックに特化したデッキを作りたい……

そんな思いから、このデッキは生まれました。

匠の技を見よ!

まあ、なんということでしょう!

匠の手によって、フェイスドラゴンが、フェイスジャバウォックに華麗なる転身を遂げました。

全国のシャドバプレイヤーよ!これがジャバウォックだ!

一時期、game withの社員であるむじょるさんが使っていたテンポ冥府。

マッチする相手によって冥府プランとテンポプランを使い分ける高度なデッキで、かなり強かった印象があります。

ドラゴンでもそういう、ちょっとテクニカルなデッキ作りたい!

ってことで、フェイスジャバウォックです。

遅い相手には普通にフェイスドラゴン

早い相手には、序盤は盤面トレードをしていき、終盤はジャバウォックで畳み掛ける!

もう弱いなんて言わせ……な……い?

「いやいや、これ弱いでしょ!」

と思ったそこのアナタ!鋭い!

いやね、弱いわけじゃないんですよ?

ただね、微妙にフェイスとジャバウォックが両立できていないんですよね。

例えば、低コストはいいとしましょう。

中盤から終盤にかけてすることがないんですよね。

フェイスによせた結果、PPブーストができるカードが竜巫女しかないので、中盤にガンガン来られると対応できないことが多いんですね。

ということで、ここまで色々書きましたが、実際問題は

ジャバウォックは弱い!でも、どうしても使いたかったらランプでね!

ってことですね。

次回は「ダブルアリスが熱い!何度でもよみがえるダークアリスの恐怖」についてお話したいと思います。

それでは~



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする