【シャドバ】幻影型ニュートラルウィッチを現環境用にした【連勝中】

まさかの当ブログ閲覧者の方が一番見てくれているのが、幻影型ニュートラルウィッチということで、ニュートラルウィッチを作り変えてみました。

あの後、ナーフが2回もあったもんで、あのデッキじゃさすがに現環境には合わないだろうと。



スポンサーリンク

まずは今の環境を少しだけ考察

ということで、まずは今の環境を少しだけ考察してみましょう。

少し前まで一強だったのが獅子ビショップ。

こちらは中盤の圧倒的な並べる力で押していくデッキです。

そして、それがあまりにも強いということで、最近台頭してきたのがネフティスネクロ。

この2デッキが現環境のトップを走っているわけですが、どちらにも強く出られるデッキがあったらいいと思いませんか?

これにたいして意外と盲点なのがニュートラルウィッチなわけです。

まず、採用カードで言えば虹の輝きは両者にささるのは言うまでもありません。

アミュレットも返せますし、よろめく不死者も返せる。

御言葉も鷹とスケルトンを両方返すことができますよね。

また、魔女の雷撃もビショップの虎と鷲にかなりささります。

ということで、今こそ注目されるべきデッキではないでしょうか!

デッキレシピ

こんな感じです。

変更点としては幻影、サハクィエル、ルシフェル辺りの枚数調整と、ゼウスの採用。

最近増えてきたエルフをほぼ完封できますし、ネフティス以外のほぼ全デッキに対して嫌なことこの上ないカードです。

ゼウス2、ルシフェル3にしようかとも思いましたが、より勝利に直結しやすいゼウスを多く採用しました。

また、幻影とサハクィエルの採用枚数についてですが、ゼウスを採用したことによって、この枚数になりました。

というのも、サハクィエルは自ターン終了時に手札に戻りますが、幻影は次の自ターンはじめまで場に居座るので、守護持ちと相性がいいんですね。

更に、プリスの枚数を1枚減らしました。

ナーフされて、エンハンスが消えたとはいえ、それでも強いカードなので、完全に抜くことはありえません。

ただ、3枚積むようなカードではなくなってしまったかな……という感じもありましたので、間を取って2枚採用に。

除去用と割り切っての採用もありかもしれませんね。

回し方は?

初手マリガンは基本的に、コスト通り動けるようにしましょう。

ただし、例えば相手がドラゴンの場合は、御言葉や虹の輝きをキープしない。

後攻で、相手がビショップなどであれば、ティナをキープするなど、臨機応変に交換してください。

序盤

序盤は、フォロワーを並べることを優先しましょう。

手札にアリスがいるからといって、ニュートラルばかり並べずに、相手の盤面を有利に処理することで、こちらの盤面が壊滅しないようにケアすることが大事です。

ゴブリンリーダーの不採用によって、並べる力は前回のものよりも弱くなっているので、アリスに向けて、1体でもいいので盤面に残せればいい!というような気持ちで序盤を乗りきりましょう。

また、雷撃の追加効果を意識しすぎるあまり、撃ちどころを間違えないように、必要な場面であれば、躊躇なく使ってください。

中盤

進化権をふんだんにつかって盤面を有利にしていきます。

というのも、進化権に依存しないダメージ手段を多く採用しているデッキなので、そこまで進化権の使用に神経質になる必要はないのです。

終盤に向けての準備段階にはなりますが、相手のデッキによってはリソース差などで、この時点で勝ててしまう場合もあります。

終盤

ニュートラル大型フォロワーのパワーを使って相手を倒していきます。

ゼウスを最大でサハクィエルで2回、幻影で3回、自身で3回。

合計8回も使えます!

これはあくまで計算上でしかありませんが、それぐらい使える可能性があるということです。

中盤の時点でプリスなどで削ってあれば、早々に勝負を決めることも可能です。

というわけで、今回は現環境版の幻影型ニュートラルウィッチを紹介しました。

以下に、前回の幻影型の記事も載せておきますので、参考にしてください

勝率8割超をキープしたニュートラルウィッチを紹介します!幻影とサハクィエルで相手を追い詰めろ!ヴァンプにも勝ち越せる?

では~



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする