【シャドバ】アイテールの真の使い方!?疾走イージスを紹介!

どうも、著者です。

最近はあまりシャドバ記事をあげていませんでしたが、久々に更新します。

今回紹介するのは、アイテールを使った疾走イージスになります。

実はこのアイテールと疾走の相性がかなりいいんですね。

というのも、グレートタウラスなどを6コストで出せるということは、つまり、ウルズと両立できるということ。

必然的にアミュレットは少な目の構築になりました。

特に疾走関連のアミュレットは0です。

まあ、ともかく、紹介していきましょう!



スポンサーリンク

実は厄介なスタッツのムーンアルミラージ

スタンダード期から存在していたものの、一戦級の活躍には恵まれなかった不遇のレジェンドカードであるムーンアルミラージ。

見た目は文句なしに可愛いんですが、能力がちょっとね……って感じのカードでしたね。

でもこれが、今の環境ではなかなか強いんです。

というのも、3/5というスタッツがかなり取られにくいんですね。

これがアイテールから出せば3/6になるので、更に取りづらくなります。

スタンダード環境でさえ、多くて2枚積みだったアルミラージが今は3枚積みになっています。

素で出してもウルズと両立できるのもいいですね。

細かい点としては、アイテールで持ってこられる対象を増やすという意味もあります。

イージスが1枚しか入っていないので、手札に来てしまった場合、下手をすれば持ってこられる最大フォロワーが鉄槌の僧侶という悲しい話になりかねません。

そのため、アイテールの対象を

イージス→タウラス→アルミラージ

というように何段階にも分けていくというわけです。

勝ち筋としては、疾走によるダメージが主な手段になります。

ですが、従来の疾走と違って、テンポロスを極限まで抑えるためにも疾走系のアミュレットは1枚も入れていません。

基本的にはアルミラージ&タウラス&イージスでダメージを狙っていく感じですね。

次はデッキ説明に行きましょう!

デッキレシピ

7~8ターン目にアイテールを出せばアルミラージ。

9ターン目に出せばタウラス。

10ターン目に出せばイージスと、かなり分かりやすい構成です。

イージスは2枚入れてもいい気もしますが、1枚で十分回ったので、この枚数に落ち着きました。

皆さんが疑問に思うであろうカードの解説をすると……

Q.法典2、鉄靴3はなぜ?

A.今の環境にネクロが少なく、エルフとロイヤルが多いから。

Q.協会の護り手はなぜ採用?

A.エルフとロイヤル対策。意外と原初にもささる。

Q.イージスはなぜ1枚?

A.序盤に手札に来すぎると動けなくなるから。

というような感じです。

次からは具体的な回し方をご紹介します。

回し方

特にイレギュラーなところはありませんが、とりあえず解説します。

マリガン

序盤に動きやすいように手札をキープします。

ちなみにスノーホワイトが1番輝く相手はヴァンプなので、相手にしたらキープしてもいいでしょう。

序盤

除去と盤面制圧を第一に行動します。

このデッキは序盤からコツコツとダメージを与えるのではなく、中盤以降に一気に攻め込むデッキなので、まずは安全にアイテールなどを出せる下地を揃えます。

中盤

この辺りから相手に顔面を意識しましょう。

アイテールが手札にあって、ムーンアルミラージが2枚以上あるような状況なら、あえてアイテールは使わずにタウラスやイージスのために取っておくのもアリです。

終盤

一気に勝負を決めます。

理論上の進化なしでのダメージはタウラス→ウルズの10点です。

また、タウラスはその効果上、盤面の処理にも使えますので、臨機応変に戦いましょう。

というわけで、今回はアイテール疾走ビショップの紹介でした。

では~



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする